鹿事研版グランドデザイン

お問い合わせ

鹿事研版グランドデザインとは。


4 めざす事務職員像へ近づくための実行策


(1) 基本的な戦略

  これから私たち事務職員が目標とする「めざす事務職員像」にせまるため,鹿事研本部の活動や各地区・市町村単位及び共同実施組織での働きかけ,さらには会員個人が,それぞれに取り組むべき内容を具体的に提示します。その中で,「誰が,何を,いつ,どのよ うに取り組む」か,具体的で実践的な項目を作成し,目標達成に向け活動しやすいよう示しました。このグランドデザイン実行策をもとに,鹿事研各専門部が今後の事業計画を作成し,鹿事研全体の活動計画とリンクすることで,グランドデザインの目標達成をめざしていきます。もちろん各地区・市町村単位や会員個人においても実行策を実行し,その実現に取り組むことが目標達成のためには必須条件となります。


◎ めざす事務職員像へのイメージ


(2) 具体的実行策として


  具体的実行策を以上の三つの分野ごとに分け,表1~3の実行策シートを作成しました。 各分野における鹿事研本部・各部,各地区・市町村単位,会員それぞれの役割及び取組内 容,着手時期を具体的に例示することで,めざす事務職員像へのアプローチが現実性を帯びてくると考えます。

(3) 取組内容に盛り込んだ課題






(4) 実行策達成状況調査による成果と課題の明確化

  実行策シートによって示された取り組み内容は,グランドデザイン実現に向けたプロセスを描いたものです。時間を定め,どこまで達成できたかそれぞれの活動を振り返る中で, 改善や新たな取り組みついても検討することがよりよい結果をもたらすと考えます。実行策シートでは5年間を最初の取り組み期間としています。3年目に中間報告として「実行策取り組み状況調査」を行い,その時点での活動状況を把握します。5年終了時には「実 行策達成状況調査」で,達成状況と振り返り,検証を行い,成果と課題を導き出します。 そして,この検証結果から各専門部や会員の次期実行計画を作成していきます。

◎実行策取り組みイメージ




鹿児島県版学校事務のグランドデザイン実行策イメージ




MENU

ページのトップへ戻る